離婚したら負けと思っている…

離婚する為の調停の役割と手続きの流れについて

離婚には当事者同士の話し合いによる物と、家庭裁判所での調停による物と、裁判による物が有ります。しかし子供のいる場合は養育費、そうでなくても慰謝料の問題や、片方が離婚を拒んでいる場合等はなかなか話し合いがまとまらない事も有ります。そういう場合は、家庭裁判所で離婚調停を行うと言う選択肢を取るケースも有ります。調停の手続きは、住民票の有る家庭裁判所で申請します。申請書には離婚の決断までに至った理由や、現状の概要について1通り書きます。そして家庭裁判所は申請書を受理したら、双方に日程を記した出頭命令書を送付します。双方はその日程に出頭し、当事者同士若しくは代理の弁護士のよる話し合いが行われます。しかし一方がDV被害の危険性等が有る場合は、顔を合わせず裁判官を通しての話し合いの可能です。その際には、お互いが顔を合わせない様な配慮もなされます。しかし裁判所は、婚姻関係の修復を定義としてますので、時間がかかる事が多いです。そして一方が出頭しない場合は、繰り返し出頭命令を送付しますが、それでも出頭しない場合は、この案件は無効になります。