離婚したら負けと思っている…

離婚の際の親権の話し合いと適合条件について

離婚の時に、よく揉める事由の1つに親権の保有が有ります。親権を決める時に注意しなければいけない事は、あくまでも対象の子供の意思を尊重しなければならないと言う事です。協議離婚にしても、裁判離婚にしても子供の意思を尊重された上で、話し合いや裁判が進められなくてはいけません。協議離婚の際に問題視されるのは、養育費を獲得する為に権利を主張する親がいる事です。そうなると子供の意思どころではなくなってしまいます。それでは子供の為に良くないので、離婚調停で子供の為にも1番いい結果を話し合ってみましょう。裁判の時は、親権の該当事由も審議され決められます。該当事由としては、子供を養育していく経済力が有るかどうか、ネグレクトの危険性がないかどうか、子供との関係は良好かどうか等の事由を充分に考慮した上で結論が出されます。その結論に応じて、慰謝料や養育費の金額の算定が行われます。しかし裁判の時でも、重要視しなくてはいけない事は子供の意思です。