離婚したら負けと思っている…

偽造された離婚届を提出されてしまった場合どうなるか

言うまでもありませんが、離婚届の偽造は犯罪です。しかしながら、離婚届に押印する印鑑は実印である必要はないため、自分が知らない間に勝手に署名・捺印されて提出されてしまっていた、ということは意外と良くある事のようです。離婚には当事者双方の意思がなくてはならないため、たとえ偽造された離婚届が受理されてしまった場合でも、一方に離婚の意思がなければその離婚は無効となります。また、離婚届を偽造して使用することは不法行為にあたるので、慰謝料を請求することもできます。ただし、離婚に伴う財産分与や慰謝料などを受け取るなどの行為は、離婚を追認したとみなされ、その離婚の無効を主張することはできなくなってしまいます。なお、いったん役所に受理された離婚届を無効にするためには、家庭裁判所に協議離婚無効確認の調停を申し立てる必要があります。このとき、相手方が「双方に離婚の合意があった」などと主張した場合は、離婚無効の訴えを提起する必要が出てきます。