離婚したら負けと思っている…

離婚をパートナーに拒否するとき、されるとき

結婚生活がうまくいかないとき、離婚という選択肢は、苦しい現状を打破する残された最後の手段です。パートナーに離婚をしたいと言われたとき、夫婦関係を終わらせたくない、また、子どもの教育や生活のためなどの理由からその要求を拒否することができ、必ずしも承諾する必要はありません。しかし、裁判沙汰にまで話が大きく膨らむと、夫婦関係の破綻や、別居期間などを考慮して強制的に離婚させられてしまうことがあります。逆に、自身が離婚を望む場合、先述のようにパートナーに夫婦関係を終わらせたくないと拒否され、希望通りには話が進まなくなってしまうかもしれません。その場合、パートナーの浮気や不倫などの確固たる証拠が存在するのであれば要求を通し、話を優位に進めることができます。また、離婚を切り出すタイミングを間違えてしまうと、新しいパートナーとの関係が、夫婦関係破綻後の婚姻関係中の不倫とみなされて、裁判で不利になることがあり、注意が必要です。